02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地震 その後

2011.03.16 (Wed)

仙台の親戚と連絡取れました。

皆無事。家も大丈夫との事です。
山側だったからでしょう、安心しました。

相変わらず余震が続いており、びくびくしながら生活しています。

マックスと散歩していると、あちこちで瓦が落ちています。

不動産業の主人は、電話が繋がったとたん何が壊れた!倒れた!連絡が入り、対応に追われています。

業者さんに連絡しても、資材が被災地優先の為流れて来ないそうです。

習志野市に住んでいる主人の友人宅も、液状化により家が傾き
急遽引越し先を見つけて欲しいと連絡あったそうです。

義母は昨日病院に行きましたが、薬は通常の半分だそうです。

すべて被災地優先ですから仕方ありませんね。

テレビで報道されているように、ガソリンスタンドはいったいどこが最後尾!?
って思うくらい並んでいます。 そのうち入荷するから混乱の無いようにって言ってるのに..

スーパーも品物が少ないです。
お豆腐や納豆、パンに牛乳。しばらく食べなくたって死にはしません。
他に食べ物はいくらでもあります。
トイレットペーパーもすぐに売り切れます。
援助物資が届かなく、食料が無くて餓死してしまう.. なんて報道聞くと
普通に生活している自分がもどかしいです..

Image254_サイズ変更


停電に備えて夕飯の支度を昼のうちに済ませたり、水を溜めたりしていましたが
何故か我が家のまわりだけ、ぽっかりと停電範囲に入っていないようです。

今自分に出来ること。節電と募金.. 
それしかないですが、買いだめに走らず落ち着いて生活したいと思います。

マックスは夜中揺れるたびに2Fに駆け上がり、廊下をうろついている所を
私が主人の寝てる部屋に入れてあげています。

P1020029のコピー


余震の続く最中、友達に無事女の子が産まれました
地震が起きたときどうしていたか心配でしたが.. ほっとしました♪

さっちゃんの赤子__


友達の間で、これでわが子と同年代が二人目です。
晩婚化で只今第二次出産ブーム
スポンサーサイト
13:43  |   |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。